視察レポート

Report

  • HOME
  • 視察レポート
公開年

阪急京都線高架下 SHARE DEPARTMENT

   名古屋市内では名鉄瀬戸線の尼ケ坂駅~清水駅間の高架下約500mにおける商業開発として2019年3月~2000年3月にかけてSAKUMACHI商店街がオープンしている。それまでは貸駐車場として利用されていた住宅地の一角に、飲食・物販やアパレルショップ、レコードショップ等が出店し、賑わいを生み出している。ま …

詳細を見る

ぶらっと五個荘まちあるき

   京都登文会の塚本会長から毎年ご案内いただいていたが、なかなか都合があわず、今回が初参加。現地で「中止」の貼り紙に驚いたが、例年実施されている近江商人時代絵巻行列やマルシェ等が中止ということで、今年は密にならないよう静かに開催。公開施設が無料開放で、いろいろな展示もされており、五個荘らしさを味わうにはちょ …

詳細を見る

登録有形文化財となったノコギリ屋根工場-葛利毛織

 ものづくり県愛知では、産業にかかわる様々な建物が登録有形文化財となっており、ものづくりによって発展した愛知の姿を思い起こさせてくれる。その一助となるものとして、愛知登文会(登録文化財の所有者の会)が一昨年作成したのが「あいちのたてもの ものづくり編」(A5版、60頁の冊子)だ。わかりやすい解説文と魅力的な写真で好評を …

詳細を見る

田峯小学校と田峰観音

 愛知登文会が発行する愛知県内の登録有形文化財の魅力を紹介する冊子の第2弾のテーマは「学校」。このほど、ようやく版下原稿が完成し、3月の下旬には会員の手元に届く予定となっている。取り上げたのは小・中学校関連が4、高校関連が5、大学関連が4、そして門柱が13+1だ。昨年はこの取材・写真撮影で各地を訪問したのだが、改めて多 …

詳細を見る

イケフェス大阪2019

   「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」、略して「イケフェス大阪」。毎年秋の週末に大阪の魅力ある建築を無料で公開する日本最大級の建築イベントとして定着している。奇しくも、スタートは愛知登文会の建物特別公開(今年から「あいちのたてもの博覧会(あいたて博)」と命名)と同じ、今年で6年目。昨年までは建物特 …

詳細を見る

ページTOPへ